腰痛の治し方 Lumbago腰痛研究所 頚椎椎間板ヘルニア 胸椎椎間板ヘルニア 腰椎椎間板ヘルニア 頚部脊柱管狭窄症 胸部脊柱管狭窄症 腰部脊柱管狭窄症で悩む人のための腰痛なんでも相談所 協力:長久手町/理学整体/鬼頭健康院

HOME
 新・腰痛の常識 新・腰痛の常識
腰痛の常識のウソ
椎間板ヘルニアについて
脊柱管狭窄症について
消炎鎮痛剤の恐怖
腰への負担の違い
運動療法に物申す@
新・腰痛の常識2
運動療法に物申すA
刺激は薬です!
 
グルコサミン・コンドロイチンに効果なし
 
 
治すとは何か?
腰痛治療の心得
どんな治療があるか?
各種療法
リンク

どんな治療があるか?

 
 
各種治療の特徴

マッサージ
筋肉を揉んで血行を良くするため、筋肉疲労を解消するのに適している。
マッサージチェアなどの器具もあるので手軽にできる。
しかし、気持ち良くする事が優先しているので本当に体を治すのには適していない。

鍼灸・指圧
本来、経絡治療をおこなうために脈診によって治療方針の決定をする。
そして気が少なかったり、余ったりすると気を補ったり、瀉したりすることで体を整えるために鍼灸・指圧でツボを刺激する。
そのため、からだ全体の調子を整える事ができる。
しかし、残念ながら本当の鍼灸・指圧の使い方をマスターするのはとても難しく、現在は対症療法的な使用が主である。そのため局所の症状を一時的に抑える事にむいている。 詳しくはWikipediaの経絡治療の「経絡治療」の問題点を読んでください。

柔道整復(接骨院)
昔はほねつぎともいいましたが、現在は骨折した人のほとんどは整形外科に行ってしまいます。 捻挫・つき指・腰痛・関節痛で通院してる人が多い。治療内容は、整形外科のリハビリ治療とほとんど同じ。 腰痛の場合、冷却・温熱・低周波・マッサージ器・牽引・手技を行う場合が多い。対症療法が主なので、疲労程度なら解消できるが慢性痛や重度の腰痛にはむかない。

カイロプラクティック
米国式整体術。「ボキッ」っと背骨を矯正することで知られている。 脊椎などの椎骨がずれて神経が圧迫され、神経機能を阻害されることが様々な病気や症状の原因となるという理論に基づいている。

発祥の地アメリカでは法制化されており大学で学び資格を取る。 一方日本では、法制化されておらず誰もがカイロプラクターを名乗る事が出来る。 そのため3ヶ月程度の短期養成校や国際基準を謳う高額の養成校まであるが、未熟な施術者も増えているの現状。

骨の矯正は「ボキッ」となるので痛いイメージがあるが、熟練者がおこなえば痛みはともなわない。 ただし、前述のようにレベルにばらつきがあるため、何でも骨を鳴らせば治ると思って治療してる人も多く、本来のカイロプラクティックが目指しているものとはかけ離れている治療師が多い。

実際、自分で首や腰を鳴らすとすっきりした経験があると思います。ですから、その場で症状が軽くなることも多い。 しかし、熟練した治療師に矯正してもらわないと危険である。

「ボキッ」の音が鳴るのは何が鳴っているのだろうか?
ネットで調べると解答は出てきますが、関節の中の液体中にある気体に急激に圧がかかることで泡がはじけて鳴るそうです。 だから、「ズレ」が治ったわけではないのです。よく治療師が「ボキッ」と鳴ると「入った」とか言いますがこれはウソです。 よく男性が手の指をボキボキ鳴らしますよね。あれって、それまで指の関節がズレて調子が悪かったでしょうか?いいえ、悪くないです。 ボキボキ鳴らしたからといって、指の調子がよくなりますか?変わりませんよ。だから、「ボキッ」と鳴ろうが鳴らまいが矯正できているかどうかの目安にはならないのです。 鳴ってなくても矯正はできます。
カイロプラクティックは、骨格矯正のイメージがありますが、マッサージや低周波などいろいろ取り入れて治療している所が多い。

整体
整体は、いろいろな手技・療法があり多種多様です。基本的には体の骨格を形作る関節の歪みやズレの矯正、骨格筋のバランスを整えるため治療をおこなう。
「ボキッ」と矯正する方法もあれば、マッサージや運動療法のように筋肉にアプローチする方法などいろいろあります。全身の調整を目的とするもの。骨盤に着眼しておこなうものなど。
(種類が多いので別に紹介します) 症状にとらわれず、原因を解決しようという考えで治療している所も多い。そのため整形外科に通ったがよくならないので治療を受ける人が多い。
整体師は、国家試験を受けて資格を得るわけではないので、特別資格はいらない。そのため治療師のレベルにばらつきがある。これは、カイロプラクティックと類似している。

COPYRIGHT(C)2008-2010 LUMBAGO腰痛研究所. ALL RIGHTS RESERVED.