腰痛の治し方 Lumbago腰痛研究所 頚椎椎間板ヘルニア 胸椎椎間板ヘルニア 腰椎椎間板ヘルニア 頚部脊柱管狭窄症 胸部脊柱管狭窄症 腰部脊柱管狭窄症で悩む人のための腰痛なんでも相談所 協力:長久手町/理学整体/鬼頭健康院

HOME
 新・腰痛の常識 新・腰痛の常識
腰痛の常識のウソ
椎間板ヘルニアについて
脊柱管狭窄症について
消炎鎮痛剤の恐怖
腰への負担の違い
運動療法に物申す@
新・腰痛の常識2
運動療法に物申すA
刺激は薬です!
 
グルコサミン・コンドロイチンに効果なし
 
 
治すとは何か?
腰痛治療の心得
どんな治療があるか?
各種療法
リンク

治すとは何か?

今月のキーワード

今月の検索キーワード

筧利夫 理学整体/酒井和彦 理学整体 /さくら整形外科/小森剛/PLDD/レーザー手術/伊藤整形・内科クリニック
あいち腰痛オペクリニック脊椎ドック/最小侵襲脊椎手術/経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出術PELD/伊藤 不二夫
藤田保健衛生大学/大曽根外科/腰痛・消炎鎮痛剤・整形外科医と理学療法士・整体・不妊改善・脊柱管狭窄症 病院ランキング
脊柱管狭窄 水泳・頚椎ヘルニア 治し方・脊椎管狭窄症の手術・消炎鎮痛剤・椎間板ヘルニアの治し方・体幹反射
坐骨神経痛 治療 名医 名古屋・日本整体院・腰痛 菊池臣一・さくら健康院・腰への負担 姿勢・マッケンジー法 腰痛
腰痛をめぐる常識の嘘・名古屋整体・愛知県の脊柱管狭窄症の手術・鬼頭整体院・マッサージ

 
 
治すとは何か?


 ●治すとは何か?

 それは元通りにする事。でも、本当に元通りにしているのか?ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術は、完全に元には戻していません。
 ヘルニアの場合、その飛び出していた髄核を取って、神経の圧迫を取り除けますが、髄核をまた椎間板の中に戻すわけではないので椎間板は正常な状態でないままです。
 脊柱管狭窄症の場合、削ったり、脊椎を金属で固定する事もあります。特に金属で固定した場合、その部分の動きはなくなります。その場合、他に負担がいくはずです。
 手術して治したつもりでも、元どおりになっていないのです・・・だから、手術したからこそ気をつけて生活しなければなりません。
 ヘルニアや脊柱管狭窄症がすべての原因でない場合もあるので、他の異常は放置したままで治していない事は多々あります。


 ●何を治したいのか?

 何を治したいのか?患者さんの希望は、痛み・しびれなどの症状をなくしたい。でも、その原因は症状の出ている部位ではないと医者は言う。
 ヘルニアや狭窄症で神経を圧迫しているから腰痛や坐骨神経痛が現れると言われる。そうなると手術しか神経の圧迫を除く事はできない。 ひどければ、手術を勧められる。
 しかし、軽度なら手術するほどではないと言われる・・・その場合、ブロック注射をしたり、リハビリで牽引や低周波・温熱・マッサージなどをおこなう。 それで、楽になるなら良いけどその場合は何を治したのだろうか? 楽にならない場合は、手術をすすめられるでしょう。

 ●局所にとらわれるな 

 ヘルニア・狭窄症などと言われるとそればかり気になってしまう。でも、それだけしか悪い所はないのか?腰が痛いといっても骨が痛いというケースは少ない。筋肉のところが痛い、奥のほうが痛い。坐骨神経痛にしてもそうだ。
 では、痛いところは何がどうなっているのか?整形外科では、レントゲンやMRIの写真を見て話すだけで、患者さんの体を触らないなんて所もある。だから、何がどうなっているのか?よくわからないなんて話はよく聞きます。 腰が痛いなら、腰の動きや形、筋肉の硬さや腫れ具合がどうなっているのか調べてもいいと思います坐骨神経痛があるなら、臀部の筋肉の状態、股関節の動き、膝関節の動きなど調べてもよいはずです。 (SLRテスト・打腱器による腱反射など調べる所はありますが・・・)

 ●腰椎は脊柱の一部だから脊柱全体の並び・動きはどうか?
 ●その脊柱を支える筋肉は脊柱起立筋を含めた背部全体の筋肉と体の前面にある筋肉
   はどうなっているのか?
 ●手や足の場合でも肩関節の筋肉が胴体から始まる筋肉が腕に付き、股関節は腰部や
   骨盤から始まる筋肉が大腿に付いて動かすので、胴体と非常に関係します。

 このように局所だけでなく、そこと関係する所もチェックしなければいけません。 手術でヘルニア・狭窄症を治しても腰が曲がっていたら腰は元通りになっていません。体が傾いていたら、やっぱり腰が横にまがったまま。腰が歪んでいるということはからだ全体が歪んでいて、体が歪めば手足の動きに異常が出るはずです。

●症状にとらわれるな

 ブロック注射したら、楽になった。鎮痛剤使うと楽になる人がいます。楽になるのはいいけど、何も治っていません。「そんなこといわれなくても知ってる。
 でも、痛みを何とかしたいから。」と言うでしょう。 痛いのはつらいです。そのために薬を使うのも良いでしょう。でも、痛みの原因を治さなければいけません。薬でごまかしているうちにどんどん悪化していきます。そうなると治るものも治らなくなってしまう。
 ヘルニアと言われてブロック注射して楽になっても何を治したのでしょう?ヘルニアは治りません。
 では、なぜヘルニアになったのでしょうか?脊柱(椎体)に無理がかかり、椎間板の中の髄核が押し出されたのです。
 では、なぜ脊柱(椎体)に無理がかかるようになったのでしょうか?どんどん元をたどってその経過を考えなければいけないのです。
 痛いのはつらいから、どうしても自覚症状をどうにかしようと考えます。症状は結果ですから、その本当の原因を考えなければなりません。 前項に書きましたが原因を一部だけで考えるのではなく、関係する所すべてチェックしなければなりません。 本当は、10ヶ所異常があるのに、腰の1ヶ所だけ治療しても、残り9ヶ所はそのままならその影響を受けなかなか治りません。

●西洋医学(現代医療)では治せない

 腰痛や坐骨神経痛やしびれは、西洋医学的に考えると神経圧迫が原因としか考えていません。それがヘルニアだったり、脊柱管狭窄症だったり。
 手術はひどい人の場合だけで、ほとんどの人は、ブロック注射、鎮痛剤などの薬物療法かリハビリでの牽引・温熱・低周波などをおこないますが、すべて対症療法中心。
 これでは、一時的に症状を抑えることはできるけど完治は難しい・・・手術も本当の意味では、治していない。 抑える事ができているうちはよいかもしれない。しかし、抑えられなくなった時はひどい状態で治すのが大変です。 腰痛だけでなく、現代医療は対症療法が中心です。
 内科の疾患でも原因の解決というより、いま起こっている異常を薬で調整している事が多い。 例えば高血圧がいい例です。心臓や腎臓の異常などで高血圧の人もいますが、ほとんどの人が原因不明です。 だけど、高血圧が続くといろんな問題がおこってくるのでとりあえず、薬で血圧を下げておきましょう。というかんじです。

 ●治すとはなにか?

 局所にこだわるな、
 症状にこだわるな、
 からだ全体の機能を元に戻すこと。


  ・・・・・・・・・・・・


リンク


腰痛・ヘルニアに関するリンク

ヘルニアネット
腰痛ナビ
ヘルニア辞典
腰痛対策
日本脊椎脊髄病学会
名城病院 整形外科/脊椎脊髄センター
さくら整形外科・内科
伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック



治療法に関するリンク

理学整体  鬼頭健康院 腰痛の治し方







・・・
         ・・・・・・・・・・・

COPYRIGHT(C)2008-2010 LUMBAGO腰痛研究所. ALL RIGHTS RESERVED.